府中市環境保全活動センター

府中市の環境において様々な活動を行っております。

動物愛護週間 9月20日(木)から26日(水)

9月 11th, 2018

9月20日(木)から26日(水)は動物愛護週間です。動物の愛護と適正な飼育についての関心と理解を深めましょう。
問合せは、環境政策課管理係(335・4195)へ。

■動物は正しく終生飼養
飼い主は、動物を飼育するうえで、その習性や生理をよく理解し、愛情をもって終生飼養する責任があります。日頃から健康管理に気を配り、犬には狂犬病の予防注射を必ず受けさせましょう。
なお、狂犬病の予防注射については、保健センター管理係(368・5311)へお問い合わせください。
■不妊・去勢手術
繁殖を望まない場合は不妊・去勢手術を受けさせましょう。不妊・去勢手術をすると性質がおとなしくなるほか、生殖器系の病気の予防にもなります。
■猫の飼育は屋内で
猫を飼う場合は、できるだけ屋内で飼育しましょう。屋内で上下運動ができるよう家具の上などにも登れる工夫や専用のトイレ・爪研ぎなどを用意すること、不妊・去勢手術をすることが屋内飼育の成功につながります。
■犬の散歩はルールを守って
犬の散歩をするときは、犬をリードできちんとつなぎましょう。また、散歩の前に家でトイレをさせ、住居前や電柱にふん尿をさせないようにしましょう。散歩中に尿をしたときはすぐに水で流し、ふんをしたときは家まで持ち帰ることが飼い主の責任です。ルールを守って散歩させましょう。
■身元の表示
迷子になり飼い主のもとに戻ることができない動物は少なくありません。飼い主の責任の所在を明らかにし、迷子になった動物の発見を容易にするためにも、犬には鑑札を付け、猫やその他の動物には名札などを付けましょう。
■災害に備えて
災害が発生した場合、まずは人命第一です。飼い主が無事でなければ動物は災害を乗り切れません。家の倒壊などで避難することになったときは、事情の許す限り動物を同行して避難しましょう。普段から人やほかの動物を怖がらない、嫌がらずにケージに入る、トイレは決められたところでするなどのしつけをしておきましょう。動物のための防災用品(5日分以上の食事と水など)の用意もしておきましょう。

府中市の環境において様々な活動を行っております。