府中市環境保全活動センター

府中市の環境において様々な活動を行っております。

平成28年度 市施設の温室効果ガスの排出量

3月 21st, 2018

市では、職員による地球温暖化防止を中心とした「府中市職員エコ・アクションプラン」に基づき、各施設で省エネルギー対策などに取り組んでいます。
これらの市の取組をまとめた「府中市エコ・レポート」は、市役所3階市政情報公開室、府中駅北第2庁舎7階環境保全活動センター、市のホームページでご覧になれます。
問合せは、環境政策課環境改善係(335・4472)へ。
■温室効果ガスの測定
▽対象施設 市内の市の施設(学校給食センターを除く)
▽温室効果ガス排出量 下のとおり
■温室効果ガスの排出原因
市庁舎から排出された温室効果ガスの発生源は、主に燃料などのエネルギーの使用に伴うもので、電気による発生量が最も多くなっています。
■取組の主な結果
市では、電気、ガソリン使用量の削減など省エネルギーに努め、事務事業に伴って排出される温室効果ガス総排出量を、平成26年度を基準として、平成28年度から32(2020)年度の5年間で15%以上削減することを目標としています。平成28年の温室効果ガス量は、平成26年度に比べ7・0%減少し、順調に推移しています。
今後もより一層の省エネルギーに取り組んでいきます。

◆温室効果ガス排出量◆

平成26年度 22,035トン

平成28年度 20,483トン

増減量 1,552トン減

増減率 7,0%減

※市の事務事業で発生する温室効果ガス4物質(二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、ハイドロフルオロカーボン)について算出し、温室効果ガスの量は、二酸化炭素の重さ(CO2トン)に換算しています。なお、パーフルオロカーボン及び六ふっ化硫黄の発生はありません。

 

日本語・英語・中国語・韓国語に対応 「ごみ・資源物分別ガイドブックを作成」

3月 11th, 2018

市内の外国人の方向けに、日本語・英語・中国語・韓国語に対応したごみ・資源物分別ガイドブックを作成しましたので、ぜひ、ご活用ください。
問合せは、ごみ減量推進課3R推進係(335・4437)へ。

▽配布場所 市役所6階ごみ減量推進課・1階市民相談室、リサイクルプラザ、各文化センター、市政情報センター、生涯学習センター、国際交流サロン

スマートエネルギー都市を目指して 自立型ソーラースタンドを設置

3月 1st, 2018

市では、再生可能エネルギーの普及促進を目的に、都の自立型ソーラースタンド普及促進事業を活用し、多磨駅東側ロータリーに1基、郷土の森博物館に2基の自立型ソーラースタンドを設置しました。
自立型ソーラースタンドは、ソーラースタンド内の太陽光発電システムから電気が供給され、LED照明設備の稼動や携帯電話などの充電が可能です。蓄電池も備えているため、夜間・停電時も利用可能で、災害時にも活用できます。
問合せは、環境政策課環境改善係(335・4196)へ。

府中市の環境において様々な活動を行っております。